クラウド・コンピューティング ウェブ2.0の先にくるもの

IDIA.JP > 参考文献 > クラウド・コンピューティング ウェブ2.0の先にくるもの
クラウド・コンピューティング ウェブ2.0の先にくるもの

データ

書名
クラウド・コンピューティング ウェブ2.0の先にくるもの
著者
西田宗千佳
出版社
朝日新聞出版
発行日
2009年1月

概要

プログラムからデータまで、すべてをWeb上で処理する「クラウド・コンピューティング」。「ウェブ2.0」に次ぐバズワードであり、既存メディアやビジネスの前提を覆す「クラウド・コンピューティング」のインパクトを実際に提供されているサービスを交えて解説。

クラウドとは何か?

ひとことで言うと

ネットワークの力を最大限にハックすることを前提にしたコンピューターの利用形態である。

「クラウド」という言葉

2006年8月にカリフォルニアで開催された「サーチエンジン戦略会議」にて、エリック・シュミット氏(グーグルのCEO)の「PCかMacか、携帯電話かは無関係です。『クラウド』のような、巨大なインターネットにアクセスすれば、その利益、恵みの雨を受けられる時代になっています」という発言に基づく。

クラウドの4つの特徴

  1. サービス化(ローカルではないサーバー上で処理する)
  2. ボーダレス(通信ができる環境であれば機器を問わず使用できる)
  3. 分散(データは分散して保持され、共有される)
  4. 集約(記憶装置や処理能力が集約していく)

amazonでみる

クラウド・コンピューティング ウェブ2.0の先にくるもの

記事のデータ

公開日2011年11月17日
カテゴリー
タグ
関連する記事

記事を共有する