HTML+CSSコーディング ベストプラクティス 高速かつ堅牢なコードを効率よく書くために

IDIA.JP > 参考文献 > HTML+CSSコーディング ベストプラクティス 高速かつ堅牢なコードを効率よく書くために
HTML+CSSコーディング ベストプラクティス 高速かつ堅牢なコードを効率よく書くために

データ

書名
HTML+CSSコーディング ベストプラクティス 高速かつ堅牢なコードを効率よく書くために
著者
こもりまさあき、西畑一馬、浜俊太朗
出版社
MdN
発行日
2010年8月

概要

コーダー、マークアップエンジニアなどフロントエンドを担当するプロとしての考え方や設計手法をまとめている。堅牢性、高速性、再利用性などを意識して効率的にコードを書く方法を学べる。

コーディングにおけるバランス

  • 生産性や拡張性と望まれる実装とのバランス
  • クオリティとコストのバランス

バランスを左右する要素

  • 納期
  • 人員
  • 経験
  • 過去の実装をどこまで継承するか
  • コンテンツが増大した時の拡張性
  • コンテンツの再利用性
  • 対象とするブラウザの範囲
  • デザインをどこまで再現するか
  • 公開後のメンテナンス性
  • 情報のアクセシビリティ

amazonでみる

HTML+CSSコーディング ベストプラクティス 高速かつ堅牢なコードを効率よく書くために

記事のデータ

公開日2013年4月4日
カテゴリー
タグ
関連する記事

記事を共有する

ひとつ古い記事: