分類という思想

IDIA.JP > 参考文献 > 分類という思想
分類という思想

データ

書名
分類という思想
著者
池田清彦
出版社
新潮社
発行日
1992年12月

概要

分類することとはどういうことか、そしてその根拠がどこにあるかを生物学を例に考察する。変化する事柄に対して言葉を与えて固定するという行為の困難さは、そのまま現在の分類学の限界につながる。人間が本能的に持つ「分類」という行為を掘り下げて考えながら、構造主義分類学を提唱する。

amazonでみる

分類という思想

記事のデータ

公開日2011年4月8日
カテゴリー
タグ
関連する記事

記事を共有する