あらゆる生物の名前をDNAに基づいて特定する「DNAバーコーディング」の理論的枠組みを確立

IDIA.JP > ピックアップ > あらゆる生物の名前をDNAに基づいて特定する「DNAバーコーディング」の理論的枠組みを確立
あらゆる生物の名前をDNAに基づいて特定する「DNAバーコーディング」の理論的枠組みを確立

概要

DNA情報をもとに自動的に生物種名を特定するコンピュータ・プログラムの開発に成功。

DNAバーコーディングとは

特定の領域のDNAを「バーコード」として扱い、既知のDNA情報と比較照合することで種名の特定や同定を行う技術。生物は上位から「界」「門」「綱」「目」「科」「属」「種」の七つの階層で分類されており、属する綱や目がわかればおおまかな性質が予想できる。DNAバーコーディングで分類できれば、専門技能を持たない人でも高精度な同定が可能になる。生物多様性の研究や農林水産業、食品、医療の各分野での応用が期待される。

リンク

あらゆる生物の名前をDNAに基づいて特定する「DNAバーコーディング」の理論的枠組みを確立

記事のデータ

公開日2013年10月30日
カテゴリー
タグ
関連する記事

記事を共有する