Laws of Simplicity

IDIA.JP > ピックアップ > Laws of Simplicity
Laws of Simplicity

概要

「シンプリシティの法則」で知られるジョン・マエダ氏のWebサイト。「The Ten Laws」では、シンプルを実現する10の法則をわかりやすく解説している。

10の法則

法則01:削減

シンプリシティを実現する最もシンプルな方法は、考えぬかれた削減を通じて手に入る。

  • どこまでシンプルできるか、どこまで複雑にすべきかのバランス
  • SHE(SHRINK:縮小、HIDE:隠蔽、EMBODY:具現化)/できることを減らし、他のすべてを隠しながら本来の価値観を損なわないようにする
法則01:削減の例
テレビのリモコン
腫瘍な機能は常に触ることができる表面に、めったに使わない機能はカバーで隠す

法則02:組織化

組織化はシステムを構成する多くの要素を少なく見せる。

  • SLIP(SORT:分類、LABEL:命名、INTEGRATE:統合、PRIORITIZE:優先順位の決定)

法則03:時間

時間を節約することでシンプリシティを感じられる。

  • SHE(SHRINK:縮小、HIDE:隠蔽、EMBODY:具現化)
  • どうすれば待ち時間を短くできるか、どうすれば待ち時間を我慢しやすくなるか
法則03:時間の例
アミューズメントパークの待ち時間
蛇行して並ばせることで正確な距離を感じさせない
途中で付加的な情報を提供して飽きさせない
プログレスバー
処理の進行状況を表示する

法則04:学習

知識はすべてをシンプルにする。

  • 基本ははじまりである
  • 同じ事を何度も繰り返す
  • やけをおこさせない
  • 例を使ってインスピレーションを与える
  • 繰り返し言うことを決して忘れない

法則05:相違

シンプリシティとコンプレクシティはたがいを必要とする。

  • コンプレクシティがなければシンプリシティは認識できない
  • シンプリシティからコンプレクシティへの移行はリズムよく

法則06:コンテクスト

シンプリシティの周辺にあるものは、決して周辺的ではない。

  • 余白の重要性
  • シンプリシティとコンプレクシティの間をしめす

法則07:感情

感情は乏しいより豊かな方がいい。

  • シンプリシティは「やすっぽく」みられがち
法則07:感情の例
iPhoneのケース
シンプルで完成されたデザインのiPhoneも、カバーを付けて楽しむ人が多い
絵文字
文章だけのメールよりも、絵文字を使ったメールのほうがより豊かなコミュニケーションができる

法則08:信頼

私たちはシンプリシティを信じる。

法則08:信頼の例
名店の「おまかせ」
信頼関係のある飲食店で「おまかせ」で利用することも多い

法則09:失敗

決してシンプルにできないこともある。

  • 失敗から学ぶべきこともある

法則10:「1」

シンプリシティは、明白なものを取り除き、有意義なものを加えることにかかわる。

参考

リンク

Laws of Simplicity

記事のデータ

公開日2013年4月10日
カテゴリー
タグ
関連する記事

記事を共有する