アール・ヌーヴォーとアール・デコ

IDIA.JP > レポート > アール・ヌーヴォーとアール・デコ
IDIA.JP

19世紀末~20世紀初頭に一世を風靡した「アール・ヌーヴォー」と「アール・デコ」は、現代においても人気の高いデザイン様式である。

アール・ヌーヴォーとは

名称の由来

アール・ヌーヴォーは「新しい芸術」の意。美術商サミュエル・ビングが1895年に開店した画廊「アール・ヌーヴォー」に由来する。ビングは日本美術収集家であり、同画廊では日本美術工芸品を扱っていた。

アール・ヌーヴォーの特徴

  • 花、草、樹木、昆虫、動物など植物的、有機的なモチーフ
  • 曲線模様
  • 非対称のレイアウト
  • 陰影のない平面的表現
  • 木材や石材など旧来の素材と金属やガラスなど新しい素材の融合
アール・ヌーヴォー

建築、美術、工芸、家具、商業印刷などで多く取り入れられた。浮世絵など日本美術の影響を少なからず受けており、後に逆輸入の形で日本でも流行した。デザインの「歴史主義」からの脱却の表れ。1910年代以降はモダンデザインにとって変わられるものの、1960年代にアメリカで再評価される。

アール・ヌーヴォーの作家、作品

  • エクトール・ギマール(建築)
  • アントニ・ガウディ(建築)
  • エミール・ガレ(ガラス工芸)
  • ルイス・カムフォート・ティファニー(ガラス工芸)
  • ルネ・ラリック(ガラス工芸)
  • アルフォンス・ミュシャ(ポスター)

アール・デコとは

名称の由来

1925年にパリで開催された現代装飾・工業美術国際展「L’Exposition international des arts decoratifs et industriels modernes」の略称から。

アール・デコの特徴

  • 単純な幾何学的形体
  • 直線
  • シンメトリー
  • 手作り感を押さえたハイテクイメージ
  • 抽象化された女性像
  • 原色による対比
  • プラスティック、ガラス、金属などの素材
アール・ヌーヴォー

建築、ファッション、工芸品、蒸気機関車など。合理的な工業化社会がすすむにつれて、それまでに培われた「装飾性」とこれからの「合理性」とを同時に満たしたデザイン様式。アメリカに波及すると一大ブームとなるも、1930年代半ばには衰退していった。

アール・デコの作家、作品

  • ココ・シャネル(ファッション)
  • ルネ・ラリック(ガラス工芸)
  • タマラ・ド・レンピッカ(絵画)
  • レイモン・サヴィニャック(絵画)
  • クライスラービル
  • ロックフェラーセンター
  • エンパイアステートビル
  • 東京都庭園美術館

アール・ヌーヴォーとアール・デコ

アール・ヌーヴォー、アール・デコともおよそ100年前の「流行」であるが、現在でも多くの人の心を強くつかんで離さない魅力がある。アール・デコは大量生産を意識したデザイン様式でもあるため、商業デザインにおけるはじめての「流行」であるともいえる。それぞれの様式が持つレトロ感や特徴を上手く取り込むことで、デザインの幅は大きく広がる。

参考

記事のデータ

公開日2011年9月4日
カテゴリー
タグ
関連する記事

記事を共有する