コンピューターと情報処理

IDIA.JP > レポート > コンピューターと情報処理
IDIA.JP

いまや珍しいものではなくなった「コンピューター」と、それを用いて当然のように行われている「情報処理」は情報社会の基礎をなす行為である。

コンピューターの定義

与えられたプログラムにしたがって、一連の演算を人手の介入なしに行う計数形計算機で、通常これは演算装置、制御装置、記憶装置、入力装置、出力装置から構成される。(JISによる定義)

コンピューターの五大装置

入力装置
キーボード、マウス、タブレットなど。人間の目、耳、鼻などに相当。
記憶装置
メモリー、ハードディスクなど。人間の脳や、記録のためのノートや写真などに相当。
演算装置
CPU、GPUなど。人間の脳などに相当。
制御装置
マザーボードなど。人間の中枢神経どに相当。
出力装置
ディスプレイ、プリンターなど。人間の口、手、足などに相当。

コンピューターの種類

スーパーコンピューター大規模シミュレーションなどに利用される超大型コンピューター
メインフレーム企業の基幹業務に用いられる大型コンピューター
サーバー企業の業務に用いられる高性能なコンピューター
ワークステーション専門業務に用いられる中型のコンピューター
パーソナルコンピューター個人利用向けの小型コンピューター
マイクロコンピューター家電製品の制御を担当する組み込み型のコンピューター

汎用機、ホストコンピューターとも呼ばれたメインフレームは次第に減少し、サーバーがその役割を担っている。

コンピューターの利用分野

演算四則計算や関数演算を主とした集計などの業務
情報検索デジタルデータの管理や検索など大容量データの取扱い
トランザクション処理要求時に実行される一連の業務の取り扱い
コミュニケーションコンピューター間のデータ通信と、人同士のコミュんニケーション
プレゼンテーション情報をより直感的に相手に伝えるための表現技法
機器制御自動操縦や安全制御等の自動化

情報処理とは

目的にしたがってデータを収集、記録、加工、分析し、それに基づいて新たな情報を作り出す。必要であればそれを他者に伝達するプロセス。一般的には「情報処理=コンピューター」のイメージがあるが、実際には情報処理の過程においてコンピューターは必須の要素ではない。

コンピューターと情報処理

  • 大量のデータを処理する必要がある
  • 複雑な加工や分析を行う必要がある
  • 組織で情報処理を行う必要がある
  • 効率的に情報処理を行う必要がある

以上のような場合にはコンピューターが必要となる。

参考

記事のデータ

公開日2011年6月7日
カテゴリー
タグ
関連する記事

記事を共有する

ひとつ新しい記事: