図と表

IDIA.JP > レポート > 図と表
図と表

図と表は情報のインプットからアウトプットまで、すべての知的作業を強力にアシストする。図解のメリットを理解し、図と表の種類を把握することで、適切な図や表を選択できることを目指す。

図と表が有効な場面

図と表は、データの分布や推移、内訳をみたり、データ間で比較したりするのに有効である。プレゼン、報告、企画、分析、広告、読書、学習など、知的作業のあらゆる場面で役に立つ。

  • 情報のインプット(理解)
  • 情報の加工と再構築(企画)
  • 情報のアウトプット(伝達)

図と表の分類

データを整形してわかりやすくする最も簡単な手段が「箇条書き」である。これを系統毎に分類し、罫線で区切ると「表」になる。さらに、点、線、面を使ってビジュアライズすると「グラフ(図表)」となる、

箇条書き論理的に整理された文章
データの構造や意味を整理し、系統毎に表す
グラフ(図表)数字データを点、線、面で視覚化
図解論理図解概念の構造や関係を示す(例:ベン図など)
物理図解物理的な対象を写実的に模す(例:構造図など)

図解、図表にいたる3つのフェーズ

フェーズ1:データの羅列
生データ。整理されていないデータや文章。
フェーズ2:箇条書き、表
データや文章をルールに従って整形、整列したもの。
フェーズ3:図解、グラフ(図表)
データや文章を点や線、面を使って視覚化したもの。

上位のフェーズへの変換指針

「文章、データ」から「箇条書き」へ
データの傾向や文章の要点を書き出すと箇条書きにできる
「箇条書き」から「表」へ
数字や共通項目が多い箇条書きは表にできる
「表」から「グラフ(図表)」へ
数字主体の表はグラフにできる
「箇条書き」から「論理図解」へ
箇条書きの各項目に相関関係があれば図解にできる
「表」から「論理図解」へ
数字主体ではない表は図解にできる
「グラフ(図表)」から「論理図解」へ
グラフ(図表)の要点を強調して描くと図解にできる

図と表のメリットとデメリット

メリット

情報のインプット、情報の加工と再構築におけるメリット
概要を素早く理解できる
データの羅列からは読み取れない傾向を読み取ることができる
相互に絡み合う関係や構造、流れを整理できる
情報のアウトプットにおけるメリット
文章では伝えにくい複雑な内容を明快に、効果的に伝えることができる
論点に集中でき、情報を早く伝えることができる
論点が明らかになり、情報を正確に伝えることができる
興味を持ってもらえる
少ないスペースで多くの情報を伝えられる

デメリット

  • 作成者のフィルターを介した情報のため、偏っている可能性がある
  • データの範囲や見せ方を工夫することで印象を操作することができる
  • 本来相関関係の無いデータに相関を見いだす可能性がある

図と表を上手く使うには

取り上げるデータの範囲に気をつける
都合の良いデータを切り取って図や表にまとめることを避ける
内容や目的に応じて「種類」を選ぶ
箇条書きですむ内容を無理に図解する必要は無い
表現の工夫をする
色による強調、タイトルや凡例の設置など、客観的なわかりやすさを大切にする

参考

記事を共有する

トラックバックURL

管理者の承認後に表示します。

この記事へのコメント

  1. コメントはありません。

コメントフォーム

お名前
メールアドレス
ホームページ