アイデアの作り方

IDIA.JP > レポート > アイデアの作り方
IDIA.JP

アイデアの創造は、5つの段階を経て行われている。ジェームス・W・ヤング著「アイデアのつくり方」から抜粋して加筆。

アイデアとは

アイデアとは、既存の要素の新しい組み合わせである。ゼロから生まれたと思われるアイデアも、分解して検証してみると、既存の情報やデータ、知識の組み合わせであることがわかる。

アイデア創造の5つの段階

  1. データの収集
  2. データの咀嚼
  3. データの組み合わせ
  4. アイデアの発見
  5. アイデアのチェック

STEP1:データの収集

アイデアの創造は資料(データ)の収集から始まる。アイデアの創造にかかわる資料は、大きく2種類に分けることができる。

特殊資料
アイデアの対象となるものと、その周辺についての情報を含んだ資料
一般資料
特殊資料以外の、様々な情報についての資料

アイデアをだそうと考えているものについての情報はもちろんだが、直接的には関連するとは思われないような、あらゆる事への興味や関心、知識が必要である。

データの収集に役立つツール

STEP2:データの咀嚼

集めた資料をじっくりと読み込む段階。「関係性」を模索し、資料を並べ替えるなど手を加える。すぐに結果が出なくとも、それについて考える時間をしっかりと儲けなくてはいけない段階でもある。

データの咀嚼に役立つツール

STEP3:データの組み合わせ

前段階から一転して、対象について考えることを全くやめてしまう段階。意図的にそのアイデアについて考えるのをやめ、別の作業や、趣味などに時間と集中力を注いでみる。無意識の創造過程が、頭の中にあるデータ間の「関連性」を見出すことに期待する。

データの組み合わせに役立つツール

STEP4:アイデアの発見

一度時間と距離を置いて「寝かせた」状態のアイデアの種を、再び手元で揉み始める段階。常にそれについて考える。すると、移動中の車内で、睡眠前のベッドで、あるいはトイレなどで、ふとした拍子にアイデアが誕生する。

アイデアの発見に役立つツール

STEP5:アイデアのチェック

誕生したアイデアを現実に適用させる段階。頭の中で思いついたアイデアは非常に曖昧で頼りなく、理想に基づいて構成されている。現実に則したものにするための条件を洗い出し、その過程で不都合が見つかってもそれを放棄せず、具現化し、展開するための思考を継続する。

アイデアのチェックに役立つツール

「アイデアの作り方」のポイント

広い視野を持つ

視野は広いほうが良い、というのは誰もがわかっているものの、実際には全く関係のない事柄から抱えている問題や課題へのアイデアが生まれるとはにわかに信じがたい。意識的で継続的な努力が必要である。

言うは易く行うは難し

「5つの段階」は、書きだしてみると単純でシンプルな内容であるが、実際に実践するとなると難しい。特に「STEP5:アイデアのチェック」で諦めてしまうことが多いようだ。ただ、その解決方法も同様のフローで見つけることができることに気がつくべきである。

温故知新

いわゆる「イノベーション」と呼ばれる革新的技術やサービスも、既存の技術や情報の新たな組み合わせである。旧来の経験や知識を軽んじることなく、新たな組み合わせを見出す力を養いたい。

参考

記事のデータ

公開日2012年6月12日
カテゴリー
タグ
関連する記事

記事を共有する

ひとつ新しい記事:
ひとつ古い記事: