よい文章を書くためのテクニック

IDIA.JP > レポート > よい文章を書くためのテクニック
IDIA.JP

「読みやすい」「わかりやすい」「論理的である」「心を動かす」の4つに気をつけるとよい文章を書くことができる。「センスのよい法律文章の書き方」から抜粋して加筆。

文章の読みやすさ、読みにくさ

文章のターゲット

文章は読み手のために存在している。読み手の年齢、性別、主題に対するリテラシー、その文章を読むと思われる環境などを考慮して文章を書く必要がある。

「よい文章」とは?

よい文章とは、次の4つの要素をいくつか、あるいはすべて満たす文章である。

  • 読みやすい文章
  • わかりやすい文章
  • 論理的な文章
  • 心を動かす文章を

読みやすい文章を実現するテクニック

読みやすいと感じる人が最大となるような文章=読みやすい文章。

一文を短く
単文で区切る。
主語と述語の結びつきに気をつける
主語と述語の対応を適切にする。
主語や述語の順序を統一する
その文章の中で順序を統一する。
用語を統一する
使用する言葉は統一する。
章立てやナンバリング、改行を適切に
見出し、段落など文章構造をしっかりしたものにする。
見出し、小見出しを適切に
ブロック毎の内容が正確に記述された見出しを付ける。
内容を整理する
統一された視点で内容が整理されている。
文章にメリハリをつける
太字、下線、傍点などでアクセントをつける。
引用であることを示す
引用とそのほかの文章との違いをわかりやすくする。
目次と索引
章立ての一覧である目次やキーワード毎の索引をつける。
脚注を適切に
関連情報や参考情報を脚注で示す。
漢字、かな、アルファベットのバランスを適切に
接続詞や副詞などではひらがなを使う。
速読に耐えうる文章構造
見出し以外にも下線や括弧書きで文章構造を補強する。

わかりやすい文章を実現するテクニック

初めて触れる内容であってもそれを理解できる文章=わかりやすい文章。

キーワードが適切である
簡潔かつリズム感の良いものをキーワードにする。
重要なことを繰り返す
主題となる重要な内容は繰り返し書く。
専門用語、業界用語
門外漢の読者が読んでも理解できるよう適宜説明する。
具体例の呈示
説得力のある具体例を挙げる。
適切な比喩
イメージしやすい比喩を用いる。
要旨を短く
文章の要旨を短くまとめる。
図表の利用
文字でわかりにくいことは図表で補う。
まとめを書く
「まとめ」を適切に入れる。
ストーリーを伝える
シンプルで、情景が浮かび、把握しやすい展開にする。
一義的に書く
曖昧さを無くし、本来の意味でしか受け取ることができないように書く。

論理的な文章を実現するテクニック

論拠が示されながら筋道が立っていて、矛盾無く論証されている文章=論理的な文章。

接続詞を正しく使う
接続詞で次の文章の方向性を示す。
読者の思考パターンに沿う
読者がどのように読むかを想定しながら書く。
主張の根拠が示されている
文章で伝えたいことの論拠を明示する。
2度目以上登場する内容
「前述」や「上述」などを上手く使う。

心を動かす文章を実現するテクニック

読者が持つ価値判断を刺激する文章=心を動かす文章。

身近な内容に感じさせる
身近な問題に置き換えて説明する。
常識に訴えかける
読者の常識的感覚に訴求する。
権威を利用する
専門家や権威の考え方や発言を適切に引用する。
データや統計を示す
公的な統計やデータを利用する。

参考

記事のデータ

公開日2013年12月22日
カテゴリー
タグ
関連する記事

記事を共有する