UXデザイン

IDIA.JP > レポート > UXデザイン
IDIA.JP

ユーザーに満足してもらえるUIとインタラクションをデザインするための「UXデザイン」の概要。「UXデザイン入門 ソフトウェア&サービスのユーザーエクスペリエンスを実現するプロセスと手法」から抜粋して加筆。

UXデザインとは

UXデザインとは、製品やサービスを作る際に用いる手法のひとつ。ユーザーに満足してもらえるユーザーインターフェース(UI)とインタラクション(対話操作)をデザインすること。

「デザイン」という言葉のとらえ方

一般に、日常会話での「デザイン」は「ビジュアルデザイン」や「グラフィックデザイン」を指すことが多い。英語での「design」は「設計」に近い概念であり、何を作るかを着手前にプランする事である。近年では国内でも同じ用法で「デザイン」や「デザイナー」という言葉を用いる場面が増えている。

UXデザインを具現化するツール

Webサイトの制作、スマホのアプリの開発、Flash、AJAX、Silverlightなどの技術はUXデザインを具現化する「手段」であり、UXデザインそのものではない。開発者がユーザーを理解し、それに基づいて正しくデザインしない限り優れたUXを提供することはできない。

UXデザインを様々な視点で定義する

プロトタイプの制作

UXデザインとは、実装前にデザイン調査を行いプロトタイプを制作するプロセスを指す。インタラクションデザインやユーザーエクスペリエンスアーキテクチャとほぼ同義である。

ISOによる定義

ISO(国際標準化機構、International Organization for Standardization)はUXデザインを「製品、サービス、環境との対話操作の結果による、あるいはそれによって予期される、ユーザーの感動、信念、好み、振る舞い、成果のすべて。」と定義している。

UXデザインの系譜による定義

HCI(Human Computer Interaction)ユーザビリティー、ISO9241-210UXデザイン
工業デザインエルゴノミクス、ユーザー中心設計
マーケティングペルソナ
Web2.0インタラクションデザイン
認知科学ユーザーエクスペリエンス

UXデザインではないもの

ビジュアルデザインやグラフィックデザインのみに注力することや、対話操作のガイドラインやテンプレートを作成することはUXデザインではない。

UXデザインの価値、現実と課題

UXデザインの価値

ユーザーにとっての価値
混乱する事無く効率的にゴールにたどり着く
顧客にとっての価値
ユーザーの生産性の向上、トレーニング費用の削減、サポート費用の削減
開発者にとっての価値
ソフトウェアやサービスの競争力を高められる、ユーザーの使用に関する問題をおこりにくくする

UXデザインの現実と課題

  • コストと時間がかかるので、多くのプロジェクトではUXデザインを取り入れることができない
  • 多くのプロジェクトでUXデザインが要件化されていない
  • 多くのプロジェクトはウオーターフォール的であるため、UXデザインを取り入れられない
  • 実際のほとんどのプロジェクトではデザイナーの経験からペルソナやシナリオを作りがちである

UXデザインの手法

製品、サービスを構成する要件

  • 技術要件(アーキテクト、プログラマー)
  • ビジネス要件(経営者、企画)
  • ユーザー要件(UXデザイン)

UXデザインのプロセス

1:デザイン調査
ユーザーの観察、振る舞いとゴールに焦点を当てモデル化
2:ユーザーモデリング
ペルソナ(想定ユーザーの共有)とシナリオ(調査データのコンテクストの維持)の作成
3:ストーリーボード
ユーザーの脳内モデルにそってゴールを達成するステップを表現
4:スケッチとプロトタイプ
情報、UI、インタラクションデザイン
5:ユーザビリティテスト
製品、サービスに焦点を当てたユーザー調査

参考

記事のデータ

公開日2014年2月4日
カテゴリー
タグ
関連する記事

記事を共有する