アートスクールで学ぶ 101のアイデア

IDIA.JP > 参考文献 > アートスクールで学ぶ 101のアイデア
アートスクールで学ぶ 101のアイデア

データ

書名
ビジネススクールで学ぶ 101のアイデア
著者
キット・ホワイト
翻訳
村上華子
出版社
フィルムアート社
発行日
2012年10月

抜粋

  • アートはアートとして多くの人に経験的に理解されている共通の感覚である
  • 用いられるメディアと表現される内容は不可分である
  • アートは自己表現ではなく、文化そのものの表出である
  • アートは実用的な物ではない
  • 人が受け取る情報の多くが編集を経た、間接的なものであることが多い
  • 抽象化は蒸留と言うよりも堆積の過程に似ている
  • 社会的あるいは文化的空間は特定の意味を持っており、表現手法は表現される内容の枠組みを決める
  • キアロスクーロ(明暗のコントラスト)
  • 誠実さはアートにとって無意味である
  • 関係ない物を並べるだけでは複雑さは生まれない
  • 複雑さは矛盾から生まれる
  • シミュラクラ(あらゆる情報はオリジナルのコピーである)
  • シミュラクラ現象(人は無意味な図形の中にも顔を認識しようとする)
  • ファクチャー(筆跡や痕跡、素材、質感などの表現様式)
  • イメージとメディアは不可分である
  • 色の濃淡でモノは立体的に見える
  • 密度や濃度、彩度や質感を合わせると平面的な印象を与える
  • クリシェ(乱用の結果、意図された力・目新しさが失われたことば)
  • 異質なモノの融合はアートのプロセスそのものである
  • すべてのメディアはコンテンツの容れ物である
  • 客観性は幻想であり、アートのプロセスは主観的である
  • 複雑なモノは凝縮したり短縮したりすることはできるが、切り落として単純化することはできない

参考

amazonでみる

アートスクールで学ぶ 101のアイデア

記事のデータ

文責IDIA.JP
公開日2013年6月14日
カテゴリー
タグ
関連する記事

記事を共有する

ひとつ新しい記事:
ひとつ古い記事: