FORM+CODE デザイン/アート/建築における、かたちとコード

IDIA.JP > 参考文献 > FORM+CODE デザイン/アート/建築における、かたちとコード
FORM+CODE デザイン/アート/建築における、かたちとコード

データ

書名
FORM+CODE デザイン/アート/建築における、かたちとコード
監修
久保田晃弘
翻訳
吉村マサテル
出版社
ビー・エヌ・エヌ新社
発行日
2011年4月

概要

デザインやアート、建築分野におけるソフトウェア利用の可能性について、その歴史、理論、実践を総合的に紹介。コードを利用してかたちを生成するための考え方と技法について、「繰り返す」「変換する」「パラメータ化する」「可視化する」「シミュレートする」という5つのテーマを切り口に解説。

amazonでみる

FORM+CODE デザイン/アート/建築における、かたちとコード

記事のデータ

文責IDIA.JP
公開日2017年4月26日
カテゴリー
タグ
関連する記事

記事を共有する

ひとつ新しい記事:
ひとつ古い記事: