インタフェースデザインの教科書

IDIA.JP > 参考文献 > インタフェースデザインの教科書
インタフェースデザインの教科書

データ

書名
インタフェースデザインの教科書
著者
井上勝雄
出版社
丸善出版
発行日
2013年11月

概要

直感的に使えるインターフェースをデザインするための教科書。開発設計者やデザイナーが対象。認知と記憶のメカニズムから、具体的な手法まで。

抜粋

インターフェースの中で、特にデザインと関係が深い人間がコンピュータを扱うために必要な操作方法や表示方法などを指す場合は、ユーザーインターフェース(UI)とよぶことが多い。

インターフェースデザインとは、人間が情報機器を扱うために必要な操作方法や表示方法などをユーザーの視点からデザインする事である。

amazonでみる

インタフェースデザインの教科書

記事のデータ

文責IDIA.JP
公開日2014年11月26日
カテゴリー
タグ
関連する記事

記事を共有する

ひとつ古い記事: