トップ1%の人だけが実践している思考の法則

IDIA.JP > 参考文献 > トップ1%の人だけが実践している思考の法則
トップ1%の人だけが実践している思考の法則

データ

書名
トップ1%の人だけが実践している思考の法則
著者
永田豊志
出版社
かんき出版
発行日
2012年12月

概要

いままでの常識や習慣を打ち破る「イノベーション」について、有名企業のケーススタディから学ぶ。

抜粋

5Aサイクル

  • Awareness:認知、顧客の抱える問題を認知
  • Approach:アプローチ、音大欠のための従来とは異なるアプローチ
  • Action:実行、アイデアのスピーディな実行
  • Analysis:分析、仮説と実行の際に対する分析
  • Adjustment:適応、マーケットニーズに合わせた柔軟な適応

何度もサイクルを回すことでクオリティ、収益性、競合有意性を高めていく。5Aサイクルの中心には「理念:顧客価値の創造と利益の追求」がある。

イノベーションの例

  • グラミン銀行:品行層を対象にした低金利の無担保融資(Win-Win)
  • 一休.com:ホテルの空室の稼働率を上げる(フィジビリティスタディ)
  • 富士フイルム:フィルム関連事業の切り捨て(コアコンピタンス/競争優位性)
  • ヒューレットパッカード、ソニー、コカコーラ、リーバイス:企業の存続を第一に(ビジョナリーカンパニー)
  • ネットフリックス、ファンケル:潜在的な「不」の解決(不満、不安、不便の解消)
  • リクルート、楽天:アマチュア故の大胆さ(コミットメント力)
  • アマゾン、ZARA:製造/流通改革(パレートの法則)
  • Facebook:競争地位「リーダー」の独占(ネットワークの外部性)
  • リッツカールトン、オリエンタルランド:マニュアルからの脱却(権限委譲)
  • Google:ペイジランク(オズボーンのチェックリスト)
  • 中古車買取専門店:売り手と買い手を入れ替えた(逆設定法)
  • サイバーエージェント:新規事業の創出(プロダクトポートフォリオマネージメント)
  • クロネコヤマト:時間指定配送(機会損失の最小化)
  • 日産:車種の整理(選択と集中)
  • ダイソン、アイロボット:異分野への転用(プロダクトライフサイクル)
  • タタ自動車:格安の自動車(リバースイノベーション)
  • 俺のフレンチ:高原価率(エブリデーロープライス)
  • サウスウエスト航空、スマホゲーム:異業種競合との競争(スイッチングコスト、フリーミアム)

参考

amazonでみる

トップ1%の人だけが実践している思考の法則

記事のデータ

文責IDIA.JP
公開日2015年4月18日
カテゴリー
タグ
関連する記事

記事を共有する