「社会調査」のウソ リサーチ・リテラシーのすすめ

IDIA.JP > 参考文献 > 「社会調査」のウソ リサーチ・リテラシーのすすめ
「社会調査」のウソ リサーチ・リテラシーのすすめ

データ

書名
「社会調査」のウソ リサーチ・リテラシーのすすめ
著者
谷岡一郎
出版社
文藝春秋
発行日
2000年6月

概要

「社会調査の大半はゴミである」とし、社会調査がゴミになってしまう理由と正しい方法論について語る。「リサーチ・リテラシー」を身につける事の重要さがよくわかる。

抜粋

  1. 世の中のいわゆる「社会調査」は過半数がゴミである。
  2. 始末が悪いことに、ゴミは(囲繞されたり参考されたりして)新たなゴミを生み、さらに増殖を続ける。
  3. ゴミが作られる理由はいろいろあり、調査のすべてのプロセスに渡る。
  4. ゴミを作らないための正しい方法論を学ぶ。
  5. ゴミを見分ける方法(リサーチ・リテラシー)を学ぶ。

リサーチデザインでみられるバイアス(偏向)

時期と回数
シーズナルバイアス:季節で変わる
メモリーエフェクト:以前のことを正確に覚えていない
ドラマタイジングエフェクト:証言が大げさになる
トランスレーションバイアス:言語で変わる
データ収集方法
測定方法のバイアス:人の主観、機械の性能による
回収方法のバイアス:すべてのひとからあますことなくデータを収集出来ない
インタビュアー効果:インタビュアーに誘導、影響される
質問票
言語や用語:難易度や認知度の高低
二重質問:一つの選択肢に複数の内容を含む
あいまいな選択肢:「どちらともいえない」など
サンプル抽出
数が少ない:有効回答数が少なすぎる
母集団がわからない:数が多くても、偏った母集団である
比較出来ないサンプル:日本人学校ではいじめが少ない、など
代表的な意見を反映していない:回収率が低い、ある特徴を持ったグループの回答拒否、など
分析
事前に決められた方法では無い:分析者の思想によって都合の良い分析方法を行う場合

参考

amazonでみる

「社会調査」のウソ リサーチ・リテラシーのすすめ

記事のデータ

文責IDIA.JP
公開日2015年3月30日
カテゴリー
タグ
関連する記事

記事を共有する

ひとつ新しい記事:
ひとつ古い記事: