実践 行動経済学 健康、富、幸福への聡明な選択

IDIA.JP > 参考文献 > 実践 行動経済学 健康、富、幸福への聡明な選択
実践 行動経済学 健康、富、幸福への聡明な選択

データ

書名
実践 行動経済学 健康、富、幸福への聡明な選択
著者
リチャード・セイラー、キャス・サンスティーン
翻訳
遠藤真美
出版社
日経BP社
発行日
2009年7月

概要

人々を強制することなく望ましい行動に誘導するようなシグナル(または仕組み)である「ナッジ(NUDGE)」について、いろいろな例を上げて解説する。

抜粋

よい選択アーキテクチャの基本原則「NUDGE(S)」

インセンティブ(iNcentives)
利用する人、選択する人、支払う人、便益を得る人を考える
マッピングの理解(Understanding mappings)
マッピング(選択と結果の対応関係)を理解する
デフォルト(Defaults)
よい選択がデフォルトとなるようにする
フィードバックを与える(Give feedback)
選択したものが及ぼす結果に対して適時、適切なフィードバックを与える
エラーの予期(Expect error)
エラーが起こる前提で、それを防ぎ、検知し、最小化する
複雑な選択の体系化(Structure complex choices)
複雑な選択を体系化してよい選択する難しさを減らす

参考

amazonでみる

実践 行動経済学 健康、富、幸福への聡明な選択

記事のデータ

文責IDIA.JP
公開日2012年5月22日
カテゴリー
タグ
関連する記事

記事を共有する