RE DESIGN 日常の21世紀

IDIA.JP > 参考文献 > RE DESIGN 日常の21世紀
RE DESIGN 日常の21世紀

データ

書名
RE DESIGN 日常の21世紀
編集
株式会社竹尾
企画、構成
原研哉、日本デザインセンター原デザイン研究所
出版社
朝日新聞社
発行日
2000年4月

概要

身近な商品を一線で活躍するデザイナーや建築家、作家、芸術家などにリデザイン(デザインのやり直し)をしてもらう。デザインを再考する過程を通じてその意味や本質に迫る。

本文からの引用

情報そのものも、速度の早いメディアの中を正確に疾走するだけではなく、より美しく記録されたり、より印象的に伝達されるという局面も速度や精度と等しく重要(原研哉)

リデザインで変化したもの

  • 円→角
  • 箱型→チューブ状
  • 加工した素材→自然のままの素材
  • 平面→立体
  • 人工→自然
  • 複数の定型→汎用
  • シンメトリー→アシンメトリー
  • 個々の道具→一つの道具
  • 複数→単数
  • デジタル→アナログ
  • 子供向け→大人向け
  • グラフ→イラストレーション
  • 教訓→無意味
  • 伝統→別の伝統
  • 常識→創造
  • プラスチック→紙
  • 目立たせる→なじませる
  • 置く→持つ
  • 実用→遊び
  • 捨てる→使う
  • 目で見る→手で触る

amazonでみる

RE DESIGN 日常の21世紀

記事のデータ

文責IDIA.JP
公開日2011年12月4日
カテゴリー
タグ
関連する記事

記事を共有する

ひとつ新しい記事:
ひとつ古い記事: