協働知創造のレジリエンス 隙間をデザイン

IDIA.JP > 参考文献 > 協働知創造のレジリエンス 隙間をデザイン
協働知創造のレジリエンス 隙間をデザイン

データ

書名
協働知創造のレジリエンス 隙間をデザイン
著者
清水美香
写真・絵
山口和也
出版社
京都大学学術出版会
発行日
2015年4月

概要

「レジリエンス」をキーワードに、そこから引き出されるアプローチを通して、現代リスク社会に向き合うために必要な社会イノベーションの可能性を探る。

抜粋

レジリエンスとは

「レジリエンス」という言葉の持つ意味は明確に定義されていないが、あえて一言で言えば「状況変化を重視し、短・中・長期的な支点から社会に散在する点を結び、木を見て森も見ながら、予測しないことが起きても、逆境に遭っても折れない環境を生み出すこと」である。

レジリエンスに内包する要素

  • 「点」から「線」へ
  • 「木を見て森も見る」
  • システム×デザイン×マネジメント思考
  • 継続的学習×評価×一貫性
  • 適応、イノベーション
  • 「つながり」(リンケージ)×「プロセス」

amazonでみる

協働知創造のレジリエンス 隙間をデザイン

記事のデータ

文責IDIA.JP
公開日2015年4月27日
カテゴリー
タグ
関連する記事

記事を共有する

ひとつ新しい記事:
ひとつ古い記事: