知のデジタル・シフト 誰が知を支配するのか?

IDIA.JP > 参考文献 > 知のデジタル・シフト 誰が知を支配するのか?
知のデジタル・シフト 誰が知を支配するのか?

データ

書名
知のデジタル・シフト 誰が知を支配するのか?
著者
石田英敬
出版社
弘文堂
発行日
2006年12月

概要

デジタル技術が「知」にもたらす影響について、学問の壁を越えて多方面から考える。「人間の知」から「情報の知」へ移行していく中でどのような知の環境を形成できるかについての示唆。

  1. デジタル技術が知の歴史においてどのような意味を持つか
  2. デジタル技術が知の生産、流通、蓄積、消費に与える変化
  3. デジタル技術が人間の記憶や経験に与える変化

キーワード

デジタルアーカイブ
資料や情報をデジタル化して収集・保存・管理・公開する仕組み
メディアアート
芸術表現に新しい技術的発明を利用する、もしくは新たな技術的発明によって生み出される芸術の総称
インタラクションデザイン
ユーザーがどのような思考と行為の過程を経験しながらシステムを利用するのかという視点から、システムの表現系と操作系をきめること

参考

amazonでみる

知のデジタル・シフト 誰が知を支配するのか?

記事のデータ

文責IDIA.JP
公開日2013年7月22日
カテゴリー
タグ
関連する記事

記事を共有する