チャンキングとマジックナンバー

IDIA.JP > レポート > チャンキングとマジックナンバー
IDIA.JP

人は情報を幾つかずつにまとめて記憶する傾向がある。その「情報のかたまり」の数が4±1(または7±2)であると記憶に留めやすくなる。

チャンキングとは?

人は情報を「かたまり」にして記憶する。これを利用して、情報を短期間で記憶する場合に、情報を幾つかずつにまとめる(=チャンキング)ことで覚えやすくすることができる。

マジックナンバーとは?

人が短期記憶できる「情報のかたまり(チャンク)」の数(チャンク数)は4±1(または7±2)と考えられている。

マジックナンバーは「4±1」か「7±2」か

マジックナンバー(マジカルナンバー)が「7±2」であるらしいことはジョージ・ミラー(アメリカの心理学者)が1956年に発表し、長く定説とされてきた。しかし2001年にネルソン・カウアン(アメリカの心理学者)が「4±1」である可能性を指摘している。

チャンキングとマジックナンバーの例

 チャンキングとマジックナンバーの例
電話番号の区切り
3桁または4桁ずつ、3つにチャンキング
テレビのリモコンの構成
3つずつ、3つにチャンキング
電話の番号ボタン
3つずつ、4つにチャンキング
ゲームのコントローラー
2つから4つずつ、3つ~5つにチャンキング

チャンキングとマジックナンバーの実践

グローバルナビゲーションの項目数

Webサイトで上部や左部に表示されるメニュー(いわゆるグローバルナビゲーション)の項目数がマジックナンバー以下であるとスマートにナビゲートできる。項目数がマジックナンバーを大きく超えてしまう場合は、情報に優先度をつけたり、親子構成にすることで表示する項目数を調整する。

普通もしくは好ましくない好ましい
  • トップページ
  • 商品紹介
  • 提供サービス
  • 当社について
  • 会社沿革
  • 社長挨拶
  • 更新情報
  • アクセス
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • お問合わせ
  • トップページ
  • 当社について
  • 商品とサービス
  • アクセス
  • お問合わせ

カテゴリー数

上記ナビゲーションの項目数と通じるところもあるが、記事の分類や商品の分類を行う際、同じ階層に所属する項目の数はマジックナンバー以下であることが望ましい。

普通もしくは好ましくない好ましい
  • 日記
  • 仕事
  • 音楽
  • 野球
  • 買い物
  • 写真
  • 旅行
  • ペット
  • 家族
  • その他
  • 日記(仕事、家族、ペット)
  • 趣味(音楽、野球、旅行)
  • おすすめ(買い物、本)
  • 写真

屋号やドメイン名

屋号やドメイン名は「音」や「意味」で区切った際、その要素数がマジックナンバー以下であると記憶に残りやすい。必ずしも短い(要素数が少ない)ほうが良いわけではなく、語感や意味の有無も影響する。

普通もしくは好ましくない好ましい
  • ドメインが「information-design-and-information-architecture.jp」
  • 「http://www.idia.jp/info/sale/2011winter/」を広告や看板に掲載
  • 屋号が「IAID」
  • ドメインが「idia.jp」
  • http://www.idia.jp/
  • 「http://www.idia.jp/」を広告や看板に掲載
  • 屋号が「IDIA」

文章の構成

同格の章や見出しの数をマジックナンバー前後に留めると、読みやすい(理解しやすい)文章になる。

名刺のデザイン

情報を羅列するよりも、内容毎(会社情報、個人情報、連絡先など)に情報をまとめてデザインする。

普通もしくは好ましくない好ましい
株式会社情報
専務理事
情報アーキテクト
情報太郎
123-4567
東京都情報区1-2-3
info@information.info
0120-123-456
株式会社情報

専務理事
情報アーキテクト・情報太郎

123-4567 東京都情報区1-2-3
info@information.info
0120-123-456

まとめ

文章でもデザインでも、情報をわかり易く伝えるためには、内容によって適切にグループ化し、それを明らかにすることが大切である。また「マジックナンバー」は万能ではないので、チャンク数以外の影響も判断しながら、適宜増減することも必要である。

参考

記事のデータ

文責IDIA.JP
公開日2011年9月17日
カテゴリー
タグ
関連する記事

記事を共有する