コピーライティング

IDIA.JP > レポート > コピーライティング
IDIA.JP

コピーライティングとは広告宣伝のための文章を書くこと、またはその技術を指す。

コピーライティングとは

コピーライティングとは、商品やサービス、企業等の特徴を伝える広告宣伝のための文章を書くこと、またはその技術を指す。コピーライティングはインターネットが普及する以前から様々なメディアを通じて行われており、効率的に、そして効果的に情報を伝えるための様々なノウハウが蓄えられている。

4つの訴求ポイント

  1. セックスアピール(愛情、好意、友情)
  2. 欲(お金で手に入れられる物すべて)
  3. 不安(失う不安、得られない不安)
  4. 義務感、自尊心、プロ意識

「売り手にとって良いこと」ではなく「買い手にとって良いこと」で訴求する。たとえば車を売りたいときは「世界一の車である」ことをアピールするのではなく、「買うとどのようなメリットがあるか」をアピールする。

コピーライティングで取り上げる特徴

データ(それ自身の持つ情報)
大きさなどの情報
デザイン
材料・素材
内容や機能
メカニズム
価格の特徴
背景(それにまつわる過去の情報)
既存のものを改良したものか、新しいものか
ブランドや商品の歴史
開発、改良した経緯
製造した場所や地域
品質管理
発展(それにまつわる将来的な情報)
新しい使い方の提案
保証やオプション

コピーライティングの書き出し

商品やサービスのコピーを書きたい、と思ってもはじめの書き出しが難しい。しかし、文章の書き出しはその後に続く文章を読んでもらえるかどうかを決める重要なポイントでもある。

コピーライティングで効果的な書き出し

  1. 第三者評価と売れ行きを示す
  2. 商品開発の経緯を示す
  3. 「想像してください」で始める
  4. 選択ポイントを示す
  5. 他との比較を示す
  6. 他との違いを示す
  7. 誰に最適であるかを示す
  8. 時事ネタから始める
  9. ハッとする、ギョッとするエピソードから始める
  10. 引用から始める
  11. 内容の予告(抜粋)から始める

参考

記事のデータ

文責IDIA.JP
公開日2011年4月27日
カテゴリー
タグ
関連する記事

記事を共有する