麻雀牌のデザイン

IDIA.JP > レポート > 麻雀牌のデザイン
麻雀牌のデザイン

世界中で広く愛されているゲーム「麻雀」。そのメインの道具である「麻雀牌」のデザインについて考察した。

麻雀とは

麻雀は4人で行うゲームで、順番に牌を引いては捨てることを繰り返し、手持ちの牌の中に「役」を作ることを目指す。

数牌と字牌

麻雀で使用する牌は大きく「数牌(しゅうぱい/かずはい)」と「字牌(つうぱい/じはい)」に分けることができる。数牌には1から9までの数字が描いてあり、字牌には東/西/南/北/白/發/中の7種類がある。

数牌の分類

数牌はさらに3種類に分けることができる。描かれた絵柄はいずれも「お金」に関するものである、といわれている。

萬子(わんず/まんず)

一萬から九萬までの9種類。漢数字と万の旧字体である「萬」がという漢字が描かれている。

筒子(ぴんず)

一筒から九筒までの9種類。円の中に星を描いた記号が描かれている。

索子(そーず)

一筒から九筒までの9種類。一筒だけ鳥が、2から9は竹が描かれている。

字牌の分類

字牌はさらに2種類に分けることができる。

風牌(ふぉんぱい/かぜはい)

東西南北の方角が漢字で描かれている。

三元牌(さんげんぱい)

模様のない「白」、発の旧字体である「發」、「中」が描かれている。

役のつくり易さによる分類

数牌は連続した数字を集めると「役」になる事が多く、1や9のように数列の両端の数字は役をつくるのが難しい。これに基づいて、数牌の2から8を「中張牌(ちゅうちゃんぱい)」、1と9を「老頭牌(ろうとうはい)」、老頭牌と字牌を「么九牌(やおちゅうはい)」と呼ぶ。

牌のデザインの特徴

牌は白いベースに黒、青、赤、緑に4色で彩色されている。

萬子

漢数字は黒色、萬は赤色で描かれる。

萬子

筒子

円の中に星を描いた記号が青と赤で彩色されているが、数字毎に配色に変化を持たせて、見間違わないように工夫している。特に、数の多くなる6以降では慣れるとすぐに判断できるデザインとなっている。

筒子

索子

緑と赤で彩色されている。1だけ鳥が描かれており、特徴的なデザインとなっている。筒子同様、色の組み合わせや竹の配置を工夫することで、他の牌と見紛うことがないように工夫されている。

索子

風牌

いずれも黒の漢字一文字で表現されている。

風牌

三元牌

白は何も描かれていないことをデザインとしている。發は緑、中は赤で彩色されている。

三元牌

世界での麻雀牌

以外にも欧米にも少なくない麻雀ファンが存在する。これまでに紹介したような、漢字で表記された牌を使う場合もあれば、それぞれ他の記号に置き換えたものを使う場合もある。

記事のデータ

文責IDIA.JP
公開日2018年4月18日
カテゴリー
タグ
関連する記事

記事を共有する