デザインにおける4つの基本原則

IDIA.JP > レポート > デザインにおける4つの基本原則
IDIA.JP

デザインの基本となる「コントラスト」「繰り返し」「整列」「近接」という4つの原則についてまとめた。

4つの基本原則

  • コントラスト
  • 繰り返し
  • 整列
  • 近接

「項目」と「要素」について

あるデザインの構成部品を「項目」、項目のもつ特徴(色、サイズ、形、空間、質感、書体など)を「要素」とする。

コントラスト(Contrast)

ある要素を他の要素に似せてしまうことを避ける。

コントラストの目的

情報の構造を視覚化する。また情報の焦点を明示する。

コントラストの方法

他の項目と異なる要素を適用し、強調する。

  • 情報の重要度に順位をつける
  • 違いが明らかな強調をする
コントラスト適用前
コントラスト適用前
コントラスト適用後
コントラスト用後

繰り返し(Repetition)

ある要素を全体を通して繰り返す。

繰り返しの目的

デザインの統一感とリズム感、心地良さを演出する。

繰り返しの方法

すでにデザイン上に存在する繰り返しを見つけて、強調する。

  • 過剰な繰り返しは逆にデザインを混乱させる
  • 繰り返しの中で「コントラスト」を意識する
繰り返し適用前
繰り返し適用前
繰り返し適用後
繰り返し用後

整列(Alignment)

ある項目を配置する際には他の項目と視覚的な関連性を持たせる。

整列の目的

全体を整然とした印象にし、統一感を出す。

整列の方法

項目をどこに置くかを常に意識し、他の項目と整列させる事ができるかどうかを考える。

  • 中央揃えを多用しない
  • ひとつのデザイン上で複数の整列法を使用しない
整列適用前
整列適用前
整列適用後
整列用後

近接(Proximity)

関連のある項目はグループ化してまとめる。

近接の目的

近接の目的は情報の構造化にある。また効果的な余白を生むこともできる。

近接の方法

全体をみて、情報を構造化したブロックの数が5個以上ある場合はさらにグループ化することができないかを考えてみる。

  • 孤立した項目がないようにする
  • 関連のない項目間に関係を作らない
  • 均等な空白で分けられたグループはそれらが同格であることを意味する
近接適用前
近接適用前
近接適用後
近接用後

参考

記事のデータ

文責IDIA.JP
公開日2011年3月2日
カテゴリー
タグ
関連する記事

記事を共有する

ひとつ新しい記事:
ひとつ古い記事: