システム構築のための分割

IDIA.JP > レポート > システム構築のための分割
システム構築のための分割

法律をつくる、規模の大きなイベントを企画する、建物や機械の設計をする、といった、規模が大きく複雑な問題やプロジェクトは、全体を把握するのが難しく、問題解決や実行の際に何から着手すれば良いのかわからなくなる。これに取り組むには、マネジメントするための組織や制度(=システム)が必要である。

システムの構築は、問題やプロジェクトの全体を規定し、それを分割することから始まる。複雑な物事を分割することで、認識や実行のハードルを大きく下げることが出来る。しかし、その分割の設計が良くない場合、全体のクオリティが下がったり、ひどい場合は目標を達成できないことさえある。

システム構築の第一歩である「分割」がうまくいかない原因と、その解決方法について考察した。

複雑な物事の分割

規模が大きく複雑な「全体:Whole」→(Divide:分割)→理解や作業が出来る「部分:Part」

複雑な物事の分割

分割後によくある問題

1:部分が大きすぎる
部分が大きすぎて、複雑さが解消されていない
2:部分の大きさにばらつきがある
部分の大きさにばらつきがあり、人や予算の配分が難しい
3:部分の優先順位がわからない
最適な処理順序がわからない
4:部分として独立していない
他の部分からうける影響が大きすぎる
5:全体の理念やコンセプトが共有しにくい
全体とは異なる方針で部分が実行される
6:全体として筋が通っていない
部分同士がの連携が悪く、筋が通っていないように見える
7:部分を全体に再構築した際に抜けや漏れがある
全ての部分を集めたときに、足りない部分がある
8:部分の追加や削除がやりにくい
部分の加減が難しく、途中で修正や調整ができない
9:部分の担当者のモチベーションが下がる
部分が全体に与える影響が見えづらく、やる気が起きない
10:部分や分割方法に汎用性がない
似たような問題の解決に同じ部分を使い回したり、同じ分割方法を適用できない

分割時の問題が起こる理由

全体が把握できていない(よくある問題の6、7、8)
対応しなければいけない問題の範囲を規定できていない状況。設計者の経験不足や、設計に十分な時間をかけられない場合に起こる。
分割の基準が適切ではない(よくある問題の1から4)
分割の仕方に問題がある状況。既存の慣習や個人の感覚のみで分割した場合に起こる。
モジュール化されていない(よくある問題の4から10)
部分同士の接続が悪く、汎用性がない状況。分割時に全体しか見ていない、あるいは部分しか見ていない場合に起こる。

上手く分割するには

1:全体をきちんと規定する

  • ブレインストーミングなどを繰り返し、MECEとなっていることを確認する
  • 達成すべき目標や対応すべき範囲を欲張り過ぎない
  • 時間や予算などはできる限り余裕をもってすすめる

全体の規定が誤っていると、以下に記したような分割やモジュール化もうまくいかない。

2:適切な分割の基準を採用する

  • 分類や組織化の基準である「LATCH」を利用する
  • 解決や実行に充てられる時間や予算、人員に応じて、部分の大きさを調整する

通常は一つの基準で分割するが、複数の基準で判断しながら調整することも可能である。

3:モジュール化を意識する

  • 部分の前後のつながりを考える
  • マクロとミクロの2つの視点でモジュール化する

モジュールとは、きちんとデザインされた部分であるといえる。

モジュール化の2つのアプローチ
マクロからのアプローチ
全体を分割してモジュール(部分)をつくる
ミクロからのアプローチ
モジュール(部分)をグループ化(結合)して全体をつくる
2つのアプローチの比較
マクロミクロ
抜け漏れ起こりにくい起こりやすい
俯瞰性高い低い
統一感あるない
設計者の人数少ない多い
スピード感早い遅い
適用出来る規模小〜大小から中
作業者、設計者の経験値多い少ない
クリエイティビティ低い高い
部分の独立性低い高い
汎用性低い高い
可変性低い高い
可用性低い高い
担当者のモチベーション低い高い

悪いシステムは、マクロの視点で分割するのみでとどまっている。良いシステムは、マクロの視点で分割し、ミクロの視点で調整する、というように、両方の視点を用いてモジュールを設計している。両方の視点を用いると、モジュールの設計精度が高まり、結果として全体のクオリティー向上が期待できる。

なお、モジュールをさらに小さなモジュールにすることは際限なく可能であるが、細かくなりすぎると逆に複雑性が増してしまう。

まとめ

システム構築の第一歩は全体の規定と適切な分割から始まる。分割ができたら、前後のつながりを意識して、マクロとミクロの二つの視点でモジュール化し、システムを洗練させる。

参考

記事のデータ

文責IDIA.JP
公開日2017年4月28日
カテゴリー
タグ
関連する記事

記事を共有する