メモのとり方

IDIA.JP > レポート > メモのとり方
メモのとり方

会議やセミナーなど、メモをとる必要がある場面は多い。効率的で効果的なメモのとり方について考える。頭がよくなる「図解思考」の技術から抜粋して加筆。

一般的なメモのとり方「箇条書き」

メモをとるときには「箇条書き」が用いられることが多い。しかし、箇条書きには次のような弱点がある。

箇条書きメモの弱点

  • 言葉をすべて書く必要がある
  • 話が飛ぶと関係性や構造がわかりづらい
  • 問題点がつかめず、矛盾に気がつかない
  • 覚えられない、記憶に残らない
  • 一度書いたら展開しづらい
  • 資料を作る際にはもう一度図式化が必要

箇条書きにかわる「図解」

一方、四角形と矢印を使って行う「図解」では、箇条書きで行う場合の弱点を大きく補うことができる。

図解メモの特徴

  • 言葉を省略できる
  • 話が複雑でも関係性がわかりやすい
  • 抜け漏れ矛盾を発見しやすい(MECE
  • 記憶に定着しやすい
  • 後からアイデアを展開しやすい(マインドマップ的)
  • 報告書やプレゼン資料などに転用できる

図解でとるメモの流れ

予想する
おおまかな話の流れを予想する。
聴く
情報を取り入れる。
理解しながら描く
情報を咀嚼し、整理しながらメモを描く。
抜け漏れのチェック
図としてみたときに必要なパーツが不足していないかを考え、抜け漏れを見いだす。

図解メモで知っておくべきこと

基本は四角形と矢印のみ
図解メモには複雑な図形は不要である。多くの場合、四角形と矢印で事足りる。
複雑に見えるのは要素が多いだけ
複雑に思える内容も、実は要素が多いだけである。部分毎に分解すれば単純化できる。
パターンを増やす
図解メモのパターンを沢山身につければ、より効率的にメモをとることができる。

矢印の種類と使い方

矢印の種類と使い方
  • 矢印:財、サービス、命令、手順場所などの動き
  • 2つの矢印:往復、交換など
  • 両頭矢印/実線:強調、対立などの関係
  • 太い矢印:強さ、着目点
  • 分岐矢印、分岐線:フロー、階層、論理など複雑なものの構造
  • 点線/点線の四角形:過去や未来

よく使う図解メモのパターン

  • ツリー型
  • マトリックス型
  • フロー型
  • サテライト型
  • サイクル型
  • グラフ型
矢印の種類と使い方

ツリー型

レベル別に分類し階層状に(構造)、論理的思考(ロジックツリー)

マトリックス型

異なる2軸の組み合わせで分析

フロー型

行動、手順などを時間的な流れで

サテライト型

一つも外せない要素の相互依存関係

サイクル型

循環的な流れ、カイゼン

グラフ型

数量の変化、一般との比較
cf.グラフの種類と選び方

まとめ

箇条書きメモをやめて図解メモを試してみる価値は十分にある。「マインドマップ」でとるメモは図解メモと箇条書きメモの中間に位置し、図解メモと同様のメリットが予想される。図解メモには慣れが必要であり、パターンを増やすことでより高い効果を得ることが出来る。

参考

記事のデータ

文責IDIA.JP
公開日2014年11月13日
カテゴリー
タグ
関連する記事

記事を共有する

ひとつ新しい記事: