箇条書きの7原則

IDIA.JP > レポート > 箇条書きの7原則
箇条書きの7原則

箇条書きは文章の読みやすさ、分かりやすさを向上する便利なツールの一つである。箇条書きを使用する際に意識するべきルールをまとめた。

箇条書きとは

いくつかの項目を分けて書き並べる、枠線を使わない表の一種。
文章中で用いることも、箇条書き単独で用いることもある。

箇条書きの効果

書きやすさ、読みやすさ
文章の字数を少なくすることができる
混乱させる原因の一つ「接続詞」を使う必要がなくなる
文章に余白やリズムが生まれる
要点、構成
要点を見出すことで、論理的な構成にすることができる
読者に対し、わかりやすく要点を示すことができる
ストーリーの順序を整理できる

箇条書きの7原則

  • 4項目以上ある場合は箇条書きにする
  • 何についての箇条書きかを示す
  • インデント(字下げ)をする
  • 行頭記号と項目との間を適切に調整する
  • 書き出しに同じ語句を繰り返さない
  • 言い回しや表現方法は統一する
  • 使用する箇条書きの個数を制限する

4項目以上ある場合は箇条書きにする

4項目以上ある場合は箇条書きにする

同格の情報が文章中に4項目以上あると、多くの場合読者にとって読みにくく、理解しにくくなる。接続詞を使って通常文の中に並べるよりも、箇条書きにする方が読者に伝わりやすい。また、箇条書きの項目数に上限はないが、概ね5~7以下を目安にする。

参考

チャンキングとマジックナンバー

何についての箇条書きかを示す

何についての箇条書きかを示す

箇条書きが何であるかを示す、見出しやリード文を付ける。箇条書きに続く直前の文章を工夫するのも効果的である。

インデント(字下げ)をする

インデント(字下げ)をする

インデント(字下げ)をすることで、箇条書きであることがわかりやすくなる。また視線を誘導する効果もある。

行頭記号と項目との間を適切に調整する

行頭記号と項目との間を適切に調整する

行頭記号(「・」や「1.」など)と各項目は、その連関を保つためにスペースを開けすぎない。

書き出しに同じ語句を繰り返さない

書き出しに同じ語句を繰り返さない

「A」という事柄について述べるにあたり、「Aは~」という書き出しは不要である。見出しやリード文にその役割を与える。

言い回しや表現方法は統一する

言い回しや表現方法は統一する

です・ます調、だ・である調、体言止め、動詞での叙述など、文章のスタイルは統一する。

使用する箇条書きの個数を制限する

使用する箇条書きの個数を制限する

ページや章節など、ある程度の文章のまとまりの中で箇条書きを多用するのは避ける。箇条書きの多用は上記「箇条書きの効果」が弱くなる。

参考

記事のデータ

文責IDIA.JP
公開日2012年4月10日
カテゴリー
タグ
関連する記事

記事を共有する