LATCH 情報を5つの基準で組織化する

IDIA.JP > レポート > LATCH 情報を5つの基準で組織化する
LATCH 情報を5つの基準で組織化する

それは「情報」ではない。」や「情報選択の時代」の著者であるリチャード・S・ワーマンは「情報アーキテクト」と自称し、世の中にあるすべての情報は次の5つの基準によって組織化できるといっている。

情報を5つの基準で組織化する

LATCHイメージ
  1. LOCATION(位置)
  2. ALPHABET(アルファベット)
  3. TIME(時間)
  4. CATEGORY(分野)
  5. HIERARCHY(階層)

LOCATION(位置)

情報の物理的、空間的な位置に従って、または物理的、空間的な位置を与えて組織化する。

  • 地図
  • 案内図
  • 相関図
  • Webサイトの閲覧用サイトマップ

ALPHABET(アルファベット)

アルファベットや五十音など言語記号に基づいて情報を組織化する。

  • 電話帳
  • 辞書
  • 製品リスト
  • Webサイトの索引

TIME(時間)

時間軸に基づいて情報を組織化する。

  • 年表
  • カレンダー
  • 番組表
  • ブログの「月別アーカイブ」

CATEGORY(分野)

情報が属するジャンル、カテゴリーで組織化する。

  • 図書館蔵書
  • スーパーマーケット
  • ディレクトリ型検索サービス
  • Webサイトの「カテゴリー」

HIERARCHY(階層)

情報の重要度、頻度、程度などの違いによって組織化する。

  • 折れ線グラフ
  • 新聞紙面構成
  • 検索エンジンの表示順位
  • Webサイトの「人気記事」や「よく売れている商品」など

以前の5つの基準

リチャード・ソール・ワーマンが著書「情報選択の時代」で発表した時点は「HIERARCHY」ではなく「CONTINUUM(連続量)」とされていたが、語呂と意味を優先して「LATCH(掛け金)」となるよう修正された。

LATCHを超えるために

情報を完全に組織化しないほうが良い場合も

目的以外の価値のある情報を見つける能力「セレンディピティ」を活かすためにも、情報を完全に組織化しないほうが良い場合もある。

LATCHに2つの基準を加える

そこで、特にコンピューターを用いてデータ処理する場合などには、次の2つを加える。ソート(並び替え)する際の基準となると同時に、利用者のセレンディピティを活かすことができる。

  • ユーザーの定義による
  • 完全にランダム

組織化の方法が異なる効果

組織化の方法が異なると、それぞれに新しい関係(情報)がみえてくる。複雑な物事を単純化し、理解を深める方法として、組織化は有効である。

記事のデータ

文責IDIA.JP
公開日2011年1月25日
カテゴリー
タグ
関連する記事

記事を共有する