MECE 重なりなく、漏れなく

IDIA.JP > レポート > MECE 重なりなく、漏れなく
IDIA.JP

取り扱う情報を重複なく、漏れなく扱う「MECE」は、ロジカルシンキングを行う際の基本ルールである。

MECEとは

「Mutually Exclusive and Collectively Exhaustive」の略。ミーシー(あるいはミッシー)と読む。マッキンゼー・アンド・カンパニー社(コンサルティング会社・アメリカ)が考えたコンセプト。

扱う情報を「部分集合の事象」、つまり「各事柄間に重なりがなく、全体として漏れがない」状態に分けて考える方法。ロジカルシンキング(論理思考)を行う際の基本ルールである。

MECEとなっている例、なっていない例

日本のグローバル企業が「世界の大州毎に支店を置き、それぞれに適したビジネスモデルを展開する」こと考えた場合を例に、MECEとなっている例、なっていない例を示す。

漏れも重なりもない例

  • アジア
  • ヨーロッパ
  • アフリカ
  • 北アメリカ
  • 南アメリカ
  • オセアニア

漏れがある例

  • アジア
  • ヨーロッパ
  • アフリカ
  • 北アメリカ
  • 南アメリカ

オセアニアが漏れている。

重なりがある例

  • アメリカ
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • アフリカ
  • 北アメリカ
  • 南アメリカ
  • オセアニア

アメリカと北アメリアは重なっている。

漏れも重なりもある例

  • アメリカ
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • アフリカ
  • 北アメリカ
  • 南アメリカ

オセアニアが漏れ、アメリカと北アメリカは重なっている。

MECEの有効性

漏れや重なりは機会損失、無駄を生む可能性がある。たとえば前述の大州毎に支店を置く場合では、漏れがあるとそのエリアで営業することができない。また重なりがあると、同じエリアを担当する支店がいくつもできてしまうことになる。このようにMECEは意思決定の誤りを避けたい場合、また議論の論点を明確にする場合などにも有効である。

MECEのポイント

排他性と網羅性を検証する

得られた要素の排他性や網羅性を検証できることが大切である。

最適な基準を選定する

正しいが「意味が無い」MECEが存在する。たとえば前述の大州区分では、南極を含めて「七大州」とする区分もあるが、南極に支店を置く意味は無い。またヨーロッパのように文化や経済状況が多様なエリアでは、「ヨーロッパ」という一括りの区分ではなく、より細分化したほうが良い場合もある。MECEであれば良い、というわけではなく、目的や主題に適した、分類する際の基準(切り口)を選ぶ必要がある。

基準をアップデートする

採用した区分に基づいてアクションしたものの、目的に沿った結果を得ていない場合は、基準の再選定を検討する。たとえば前述の大州区分を調査した結果、いずれの大州にもほぼ同じようなニーズがある場合には、わざわざ支店ごとに違うビジネスモデルを展開する必要がない。より明確で効果の高い差異を基準に、エリアを区分し、展開方法を検討する必要がある。

記事のデータ

文責IDIA.JP
公開日2012年6月14日
カテゴリー
タグ
関連する記事

記事を共有する

ひとつ新しい記事:
ひとつ古い記事: