情報のSN比

IDIA.JP > レポート > 情報のSN比
IDIA.JP

ある情報のまとまりの中に存在する「意味のある情報」と「意味のない情報」の比率を「SN比」という。SN比が高いほうが情報は伝わりやすい。

シグナルとノイズ

「SN比」とは本来、情報工学の分野で用いられる「信号量(Signal)と雑音量(Noise)の比」を指す。情報デザインでは「意味のある情報」をシグナル、「意味のない情報」をノイズとして、その比について考える。ノイズが多くなると、情報が上手く伝わらなかったり、本来意図しない内容が伝わる可能性がある。

情報伝達におけるノイズの原因

  • 過度な装飾
  • わかりにくいアイコン
  • 不適切なグラフ
  • 不明瞭な文章
  • 余白のない構成

SN比を高める方法

色やコントラストで強調する

色やコントラストで強調する

有意な情報はそうではない情報よりも強調して目立たせる。

過度な装飾を省く

過度な装飾を省く

色や強調の使い過ぎを見直し、最低限の装飾を施す。

簡潔な文章を書く

簡潔な文章を書く

文章は構成を吟味し、無駄な部分をそぎ落とす。

表現の慣例や基準に従う

表現の慣例や基準に従う

その情報を表現するのに一般的な慣例や基準があればそれに従う。

適切なアイコンを使用する

適切なアイコンを使用する

アイコンは分かりやすく、適切なものを使用する。

不要な要素を削除する

不要な要素を削除する

削除しても問題ない要素は積極的に削除する。

参考

記事のデータ

文責IDIA.JP
公開日2011年2月28日
カテゴリー
タグ
関連する記事

記事を共有する