図解表現の基礎知識

IDIA.JP > レポート > 図解表現の基礎知識
IDIA.JP

「良い図解表現」と「悪い図解表現」を判断し、実践するための基本をまとめた。「ウォールストリート・ジャーナル式 図解表現のルール」から抜粋して加筆。

図解表現とは

図解表現とは、図形やグラフ、イラストなどを用いて、情報、データ、知識を視覚的に表現することをいう。図解にすることで、複雑なデータや文書、概念までも、わかりやすく表現することができる。また数字で構成されたの情報をわかりやすく、ストーリー立てて伝えることができる。インフォグラフィックス、インフォメーション・グラフィックスとほぼ同義。

図解表現の価値

図解表現は伝達するための手段の一つである。図解表現の価値は内容で決まる。

  • 図解表現の価値はデータの多さによるものではない
  • 図解表現の価値は色や装飾の豊富によるものではない
  • 図解表現の価値は内容が適切に伝わってはじめて生まれる
  • 図解表現の価値はデータが間違っていると下がる

図解表現を使う上で重要な3つの要素

  1. 充実した内容(図解表現に意味を与える)
  2. わかりやすい表現(解釈を助け、要点を伝える)
  3. 洗練された伝え方(図解表現の本来の力を引き出す)

わかりやすい図解表現の基礎

図解表現のわかりやすさは文字と色使いによるところが大きい。ついで、デザインや分析内容による。

文字
文字に角度をつけない、縦書きにしない
字間をあけすぎない
装飾的すぎるフォントは使わない
アルファベットは全て大文字で用いない
白抜きなどは避ける
斜体+太字など複数の装飾をしない
目盛りの数字を太字にしない
太字は強調したい箇所だけに用いる
同じ種類のデータを扱うのに複数の色を使わない
複数のデータが存在するグラフでは色を多くするよりも同系色のグラデーションで
特定のイベントやテーマを想起する色使いはやめる
補色を乱用しない
青は保守、明色は積極性等色の持つ情報を意識する
赤を正の数に適用しない
コントラストを高く保つ
わかりやすい図解表現の基礎

でき上がった図解表現はプリンターで印刷し、コピー機で「縮小コピー」や「白黒コピー」した後でもただしく情報が伝わるかどうか確認する。

効果的な図表の作り方

1:調査

  • 信頼できる情報源をリソースとする
  • 公平性を損なわないよう、独立した情報源からデータを引用する
  • 必要であれば許可を取りながらデータを使用する

cf.「過情報」の整理学 見極める力を鍛える

2:編集

  • 鍵となるメッセージを決める
  • ポイントを1番上手く伝えられるデータを選ぶ
  • 要点を絞ってデータを抽出する
  • ポイント強化するための表現方法を選ぶ

3:作図

  • 一番効果的なタイプの図表を選ぶ
  • 図解表現に補足説明を付ける
  • メッセージを強調するために適切な色やフォントを活用する

cf.グラフの種類と選び方

4:見直し

  • 図解表現とデータの整合性を確認する
  • 客観的にみて筋が通っているか確認する
  • 読み手の目線で客観視してみる
  • 他の情報源との矛盾がないかを確認する
  • 必要であれば図解表現の正しさを専門家に確認する

参考

記事のデータ

文責IDIA.JP
公開日2013年2月15日
カテゴリー
タグ
関連する記事

記事を共有する

ひとつ古い記事: