ユニバーサルデザインの原則

IDIA.JP > レポート > ユニバーサルデザインの原則
IDIA.JP

ユニバーサルデザインの原則を具体的な例を挙げながらまとめた。全ての人がユニバーサルデザインを意識することで、よりよい環境や製品を生み出すことができる。

ユニバーサルデザインとは

できるだけ多くの人が利用可能であるようなデザインにすること。ユニバーサルデザインセンター(ノースカロライナ州立大学)の所長であったロナルド・メイス氏らによって1985年に提唱されたコンセプト。障害者だけではなく、誰にでも使いやすいデザインを目指す。

ユニバーサルデザインの7つの原則(原文)

  1. Equitable Use
  2. Flexibility in Use
  3. Simple and Intuitive
  4. Perceptible Information
  5. Tolerance for Error
  6. Low Physical Effort
  7. Size and Space for Approach and Use

公平である(Equitable use)

誰にでも公平に使用でき、容易に入手できること。利用する際に差別感や屈辱感を与えないこと。利用者にとって魅力あるデザインであることも含む。

  • 商品取り出し口や釣銭返却口が低い位置にある自動販売機
  • 点字の併記
  • いわゆる「朝顔」ではない男性用小便器

自由度がある(Flexibility in use)

使用する上で自由度や柔軟性があること。利用者の好みや能力、使い方に合わせられること。

  • 両利き用の刃物
  • サイズが調整できる棚
  • 現金、クレジットカード、電子マネーに対応したレジスター

単純である(Simple and intuitive)

使い方が簡単で、直感的である。利用者の経験や知識、状況に関係なく利用できる。利用者の直感や期待と一致させる。操作に対してフィードバックがある。情報はその重要度に応じて一貫性を持って整理する。

  • 触れるだけで処理されるICカード
  • タッチパネル
  • センサー式蛇口

参考

シンプル

様々な方法で認識できる(Perceptible information)

文字、色、形、音、コントラストなど、様々な方法で情報を伝えること。わかりやすい情報の提示。

  • シャンプーボトル、リンスボトルの触感に差をつける
  • 多言語表記の看板
  • 音声案内する地図

参考

情報のSN比

間違いに対する寛容性がある(Tolerance for error)

操作のミスや勘違いに対して寛容性があること。またそれらを事前に防ぐための配慮が施されていること。

  • パソコンの「やり直し」機能
  • 押すのにある程度の力が必要な非常ベルのボタン
  • 電車ホームの扉

参考

コンティンジェンシーデザインとは?

身体的負担の軽減(Low physical effort)

要求される身体的条件が低く、弱い力でも使用できること。快適に使用でき、疲れないこと。反復的、持続的操作を最小限にすること。

  • 自動ドア
  • 缶切りが不要な缶詰
  • 回すのではなく押すことで開くドアノブ

十分な大きさと空間の確保(Size and space for approach and use)

使用するために十分な大きさとスペースを確保すること。

  • 押しやすい大きさのボタンを配したリモコン
  • 車椅子で利用できる電話ボックス
  • ストレッチャーの利用できるエレベーター

ユニバーサルデザインの優先度

「ユニバーサルデザインの原則」は必ずしも「良いデザインの原則」とは一致しない。

ユニバーサルデザインと優先度を比較すべき条件

ユニバーサルデザインと上記条件を同時に満たすことは可能であり、これらをもれなく満たすことが「良いデザイン」に近づく一つの方法である。ATM、公衆電話、券売機、公衆トイレなど、公共の施設やそこで利用される機器にはユニバーサルデザインが優先されることが望ましい。デザインに関わる人はもちろんのこと、全ての人がユニバーサルデザインを意識することで、よりよい環境や製品を生み出すことができる。

参考

記事のデータ

文責IDIA.JP
公開日2012年3月12日
カテゴリー
タグ
関連する記事

記事を共有する