コンティンジェンシーデザインとは?

IDIA.JP > レポート > コンティンジェンシーデザインとは?
IDIA.JP

「コンティンジェンシーデザイン」とは、事前に生じるトラブルを予想し、それを回避したり、生じたトラブルに適切に対応することである。「contingency」は「予期せぬ偶然」や「不慮のでき事」を意味する。

実社会でみられるコンティンジェンシーデザイン

車に乗っているときに

  • 道路標識
  • シートベルト
  • エアバッグ
  • スペアタイヤ

家庭や公共施設で

  • 煙感知器
  • 消化器
  • 救急セット
  • AED(自動体外式除細動器)

Webサイトで必要なコンティンジェンシーデザイン

全般

  • 文章はできるかぎり短くわかりやすいものに
  • 専門用語を使用しない
  • 適切な検索結果と該当数
  • 目立たせるべきところを強調する
  • 利用できる情報だけを表示する

フォーム入力時

  • 必須項目を明示する
  • 情報不足や入力形式が違う箇所を明示する
  • 郵便番号から住所の入力を補助
  • 途中で入力を中止しても次回再開できる
  • ブラウザでページを遷移しても入力情報が残っている
  • 綴りの間違いを修正、補完してくれる

ページが存在しないとき

  • 指定したページが無いことを表示
  • 同様の情報をもつと思われるページへのリンクを表示
  • その情報が掲載されたときに案内を送る
  • エラーページに広告を表示しない

問い合わせ、ヘルプが必要なとき

  • FAQを用意する
  • 問い合わせ手段を複数用意する
  • 問い合わせやヘルプへのリンクが常に表示されている
  • ヘルプページに不要な情報を掲示しない

参考

記事のデータ

文責IDIA.JP
公開日2011年2月4日
カテゴリー
タグ
関連する記事

記事を共有する