問題とは何か?

IDIA.JP > レポート > 問題とは何か?
問題とは何か?

問題とは「期待された基準、あるいはあるべき基準と実際との差異」である。問題の大小はこの差の大小を表し、この差を埋めることが「問題解決」である。

問題の種類

問題には大きく3種類に分類される。

  • 発生型問題
  • 設定型問題
  • 将来型問題

発生型問題

現在生じている問題。すでに顕在化しており、多くの人に認識できる問題。できる限り早い対応が望まれ、応急措置と、原因が判明した後には恒久的な対策が必要。

発生型問題の例

日本は長く不景気が続いている。従来主力であった製造業を支援(応急措置)しながら、より積極的な規制緩和と教育への投資(恒久的な対策)が必要である。

設定型問題

より高い目標を設定したときに顕在化する問題。目的、目標の妥当性や達成する可能性を評価し、取り組み方を考える。

設定型問題の例

オンラインショップの売上高を前年比120%にしたい。訪問者の10%が購入するというデータがあるので、PPC広告を利用してアクセス数が120%になるようにするか、買い物カゴのフローを改良して訪問者の購入率を12%に上げる。

将来型問題

いずれ生じることが予測される潜在的な問題。将来の状態やそれに影響を与える要因を検討し、その対策方法を考える。

将来型問題の例

現在の年金システムでは財源が枯渇するのが明らかである。消費税を増税して年金に充てるか、支払金額を減らし支給開始年齢を段階的に引き上げる必要がある。

一方で「解決方法が1つしかない問題」と「解決方法が複数ある問題」にわけることもできる。

ブックシェルフ・ソリューション

問題を設定してその解決策を講じるのではなく、自分が対応することが可能な解決策から逆に問題設定してしまうこと。問題設定を失敗する原因の一つ。

問題解決の流れ

リチャード・S・ワーマンによると、問題解決の方法はいかなる場合も「何を成し遂げるのか」と「どう成し遂げるのか」という2つの要素から成り立っている。

  1. 現状把握(何を成し遂げるのか)
  2. 原因究明(何を成し遂げるのか)
  3. 対策決定(どう成し遂げるのか)
  4. 対策実行(どう成し遂げるのか)

参考

記事のデータ

文責IDIA.JP
公開日2011年2月21日
カテゴリー
タグ
関連する記事

記事を共有する

ひとつ新しい記事:
ひとつ古い記事: